読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の事。ときどき映画

日々のことなどいろいろ書いていきます。

梅雨のお供

梅雨ですね^ ^

 

皆さん雨は好きですか?

私はあまり好きではないです。だって歩きだと濡れるし、なんか気分も下がるし。

たまに雨が好きって人もいますけど、大半の方が雨嫌いな気がします。

 

さて、今回は梅雨に関連して傘のお話をしようと思います。

 

雨だとやっぱり傘が必須アイテムになりますよね。昔、イギリス人はしょっちゅう雨が降るため、ちょっとやそっとの雨では傘を差さないという話を小耳に挟み、当時ハリーポッターが大好きでイギリス人に憧れていた私は、イギリス人気取りで小雨では傘を差さないでいたことがあります。

けれどちょっぴり賢くなって、どう頑張っても自分はイギリス人にはなれない、ましてやハーマイオニーなんかにはなれないということに気づき、そして、小雨でも濡れるのいやだという精神から、やめました。小雨でも傘は差した方がいいです。よ!だって顔に雨がかかるのが嫌で俯きながら歩いて首痛くなるもの。

 

と、訳のわからない話をぐだぐたとしてきましたが、今回本当に書きたかったのは、

私は同じ傘を約7年使い続けている!!!

ということです。

 

同じ傘を7年ってどうですか?

私は長いと思うのですけれど、どうでしょう?

人によって感じ方は違うかと思いますが、最近はビニール傘を適当に使ってるという方も多く、長く一本の傘を使い続けている人は結構少ないのではないかと思います。

 

どうして同じ傘を7年も使っているのか、気になりますか?

そうでもないですよね。そりゃ壊れなかったからだろうって思いますよね。

 

確かにそうです。一番の理由は単に壊れなかったからです。

 

私が7年も同じ傘を使い続けている理由↓

①壊れなかったから

②結構気に入っているから

③新しく買ったばかりの傘をなくしたから 

 

①,②については書いてある通りなので特に触れません。

 

では、③についてお話ししたいと思います。

7年使い続けている傘というのは、薄ーいオレンジというかイエローというか、とにかくあまり見ない淡い色合いのもので、かなりのお気に入りです。派手すぎず、地味すぎない上品な色が絶妙なのです。でも5年使い続けたところで、この傘がかなり薄汚れていて、それに濡れすぎてちょっとくさいことに気づきました。それから、傘のてっぺんの金具に穴があいているのか、傘を閉じた後、異常に水がぼたぼたと垂れてくるのも気になるようになっていました。

使えないというほどでもないけれど、長く使ったことだし新しいのを買おうと決心して、持ち手が細くて軽めの傘を買いに行きました。というのは、お気に入りの傘は少し持ち手が太くて重い、良く言えば丈夫なつくりで、悪く言えば重くて持ちにくいものだったのです。だから新しい傘は持ち運びしやすいものにしようと決めていました。

そして、そこそこ気に入って買った新しい傘を、1日でなくしました。バスに置き忘れてしまったのです。バス会社に連絡すれば、取っておいてもらえていたかもしれないのですが、面倒くさいし、一応使える傘があるし、もういいや!と、諦めました。

 

新しく買った傘は1日でなくしたのに、古い傘は1度もなくさないし、壊れもしないのです。いや、なくしかけたことはありますが。よくバスに置き忘れそうになるので。

 

そういうわけで、1度浮気したものの、ぼたぼたと雨水を垂らしながらもお気に入りの傘を今でも使い続けています^_^