日々の事。ときどき映画

日々のことなどいろいろ書いていきます。

「風と共に去りぬ」感想①

風と共に去りぬ

この映画はわたしの好きな映画ランキング不動のNo.1であります。

 

昨夜暇な時間があり、再び風と共に去りぬの本を読んでいてふと気づいたのです。あ、まだここのブログで風と共に去りぬの感想書いてない、と。

 

私はこの映画は何度も観ていて、さらに日本語訳のものではありますが本も繰り返し読んでいます。

だから、これから書く感想には、映画だけでなく、本の詳しい描写を踏まえた上での感想になります。

 

さらに断っておくと、これは私の個人的な感想、解釈ですので、本の作者や映画製作者の方々が意図したものとは違った解釈である可能性もあります。

そこのところはご了承下さい。

 

 

まずこの映画を観たきっかけは、有名な映画みたいだし、みとくべきかな?と思った事でした。レンタルDVD屋さんでよく映画を借りて観ていた時期に、特にみたい映画がなく、たまたま借りることにしたわけです。

 

元々私はローマの休日が好きで、クラシック映画に興味がありました。

とはいえ、風と共に去りぬはかなり昔の映画っぽいにおいがするし、そこまで面白くなさそう…。

と、みる前の私はそこまで期待感なし。

しかし、実際にみてみると、

 

昔の映画なのにカラー!しかも主役の女優さんめっちゃ綺麗!スケール壮大!映画めちゃ長!

 

と、まぁびっくりしました。

本当にヴィヴィアン・リーはスカーレットがはまり役でした。私はスカーレットのキャラクターに惹かれました。それ以外にも、あの時代にこの壮大なスケールの映画をつくれるなんて…!と感動したり、衣装に惹かれたり、南北戦争という時代背景にも興味を持ったりで、この映画にどハマりしました。

 

それからは、スカーレットや、他の登場人物ついてあれこれ考えました。

本を買ってからは、映画では分からなかった細かい描写があり、それぞれの人物についてさらに考えを深めることができました。(自分なりの)

 

そもそも南北戦争を北部側の視点でなく、南部側の視点で描いてあることも魅力でした。

 

その後私はこの映画のDVDと本を買い、さらにはサウンドトラックまで買ってしまいました。

だって映画で使われている音楽が本当に好きだったんだもの…

 

かなりとっ散らかった感想で長くなると思うので、何回かに分けて書きますね!

 

風と共に去りぬ [DVD]

風と共に去りぬ [DVD]